旅行では知れない香港でのローカル生活をお届けします

香港のんびり子育て

夫がゲーム、スマホばかりで会話がない?寂しい人が今すぐできる3つのこと

更新日:

「結婚する前はよく一緒に話していたのに、結婚した途端に会話がない。夫はゲームやスマホばかり。」という人はいませんか?これってすごく寂しいんですよね。

「疲れてるのかな。。」と、そっとしていても夫の態度は一行に変わらず。夫の転勤などで知らない土地で過ごしていると、周りに知り合いはおらず、「誰にも話を聞いてもらえない。。。」なんて、ストレスが溜まってうつになってしまいそう。

「おはよう。」くらいしか会話がない状態で、夫婦って言えるの?と悲しくなりますよね。

どうしたらゲームやスマホばかりの夫と会話が増えるのか悩んでいる人へ、今すぐできる3つのことを紹介します。

また夫婦で出来る趣味も紹介しているので、一緒に始めると会話もはずんで、夫婦の関係がグッとよくなりますよ。

関連記事:夫に二人目を拒否される人へ!次の子が欲しくなる5つの方法とは

夫と会話がない寂しい人がするべき3つのこと

夫がゲームやスマホばかり触って、全然話してくれないなんて、夫婦としてどうなの?と寂しいですよね。夫婦の間には会話がないのに、ゲームでは「よっしゃー!」と喜んでいるのを見るととっても悲しくなります。

なんとかして夫と会話するにはどうしたらいいんでしょうか?3つ対策を紹介します。

夫のゲームに興味を持つ

夫がゲームばかりして相手をしてくれないなら、まずは夫のゲームに興味を持つことから始めましょう。

人は自分や自分の好きなことに興味を持ってくれるのは嬉しいもの。自分はゲームなんてしないという人も、「聞いたってわからない。」と思わず、話のきっかけとしてでも夫のゲームに興味を持ってみましょう。

ただ、ゲームをしている時に「どんなゲームなの?」、「どうやって遊ぶの?」と聞いても、「んー、あぁ。。。」と空返事されることも。夫は自分の安らぎの時間にゲームをしていて、一人で遊びたい人も多いです。

自分の世界に入っている時に、ゲームに無知の妻がズカズカと入ってくるとうざく思うのです。

そんな時はご飯を食べているときなど、夫がゲームをしていない時に「いつも何のゲーム遊んでるの?」とさらっと聞いてみましょう。夫の好きなゲームのイベントや、キャラクターグッズの情報などを教えてあげても喜ばれるかもしれませんね。

スマホを触らない時間を作ってもらう

ご飯を食べている時もスマホを触っていて会話がないという人は、スマホを触らない時間を作ってもらいましょう。

夫婦のルールとして1日30分や週末1時間など、スマホを触らない時間を少しずつ増やしていきましょう。

この時のポイントは、夫がスマホを触らない時間は、妻もスマホを触らないこと。普段スマホばかり澤ている夫がスマホを触れないのは、はじめは努力が必要でストレスがかかること。

がんばってスマホを触らないようにしているのに、その間妻がスマホを触っていると夫は不公平に感じます。夫婦平等にお互いスマホを触らず過ごし、その時間はできるだけ夫婦で会話するようにしましょう。

スマホを触らない時間を作って会話しようと思っても、いざ夫婦の時間ができたら何を話せばいいのかわからない人もいるかも知れませんね。特に今まで全く会話がない状態だった人は、「じゃあ、何話したいの?はい、言って!」などと夫に言われて、言葉に詰まってしまうかもしれません。

そんな時は、次に紹介するように、夫婦で出かける時間を作ってみましょう。

夫婦で出かける時間を作る

夫婦で出かけるのは、夫婦の会話が増えるとっても簡単な方法です。

出かけるといっても、どこか特別なところへおでかけする必要はありません。一緒にスーパーへ買い物に行ったり、コンビニへ行くだけでも大丈夫。家の周りを散歩するだけでもいいんです。

家にいるとついついスマホを触りがちですが、出かければ歩いてる時など、スマホを触らない時間は必然的に出てきます。「何買うんだっけ?」、「今日のご飯何にする?」、「こっちの道行ってみない?」など、たわいのないことから夫婦の会話は生まれます。

もちろん、買い物や映画、旅行に行くなどできれば、なお夫婦の会話が増えていいですね。「この色どうかな?」、「主人公の俳優、他に何の映画出てたっけ?」、「私はご当地グルメでおいしいレストランを探すから、あなたはおすすめのお土産探してくれない?」と、家にいると生まれない会話が生まれますよ。

夫婦の会話が増えてきたら、今度は夫婦で出来る趣味を楽しむのはいかがですか?共通の話題が増えると、もっと会話も増えますよ。

次は夫婦でできる趣味を紹介します。

夫婦で出来る趣味を持とう

夫婦で同じ趣味があるというのは、夫婦の関係をより良くしてくれます。子供が巣立った後でも、夫婦だけの生活をより豊かにしてくれますよ。

夫婦で一緒に何かを始める時、注意点が1つあります。それは『食わず嫌いをしない』こと。「面白くなさそう。。」とやらなければ、何も始まりません。あまり興味が湧かないことでも、やってみると意外と楽しいこともあります。

『なんでも楽しもう』という気持ちで、夫婦で一緒に始める。そうすれば、自分だけでは知ることがなかった世界が、夫と一緒に開けますよ。

夫婦で始めやすい趣味 13選

散歩

散歩は夫婦でできる一番簡単な趣味です。

家の周りや、少し遠くまでなど、時間に合わせてできるのもいいところ。普段運動をしない人なら、運動不足も解消できていいですね。

ブラブラ歩いているだけでも、普段家では話さないことも話すことは結構あるんですよね。私も悩みとまでいかなくてもちょっと聞いてほしいことなど、よく散歩しながら聞いてもらっています。

また、新しいお店を見つけたり、面白い看板があったりして楽しいですし、何気ない会話も増えますよ。

料理

今は料理をする男の人も多いですよね。

ラーメンをだしから取って作る、魚をさばく、カレーをスパイスを炒めて作る。凝ってのめり込むのも、男の人のほうが多い気がします。

今はコロナであまり外へは出られないので、料理するのにはもってこい。旦那さんがメインで作る時は、妻は炒め係や洗い物などをしてアシスタントに徹しましょう。

「なんでそんな切り方するの?」などと横から口出しすると、夫は夫婦の時間が楽しくなくなってしまいます。夫婦で役割を分けてそれぞれが自分のやることをすると、お互い嫌な気持ちになりません。

また、夫婦が協力して1つのことを成し遂げることができるので、仲間意識が出て夫婦の中がグッと近くなりますよ。

我が家ではたまに夫が料理をしてくれます。トムヤムヌードルはレモングラスやライムを使って、かなり凝って作っています。味はどんな風にできても感謝の気持ちを込めて「ありがとう。」を伝えることも大事ですね。

映画鑑賞

映画を見るのも夫婦でできる趣味の一つ。興味のあるものや話題のものなど、いろんな物が見られます。

相手の見たいものにあまり興味がなくても、夫婦一緒に見る方がいいですね。興味のなかった作品だけどなかなか面白かったと思うこともありますよ。

映画を見た後にランチやお茶もすれば夫婦の時間がより多くなりますね。また映画はコロナや悪天候でも、家でDVDやネットでも見れるのでおすすめです。

邦画、洋画、アニメなど、常に新しい物が上映されていますし、過去の作品をDVDなどで見ることもできます。

映画のストーリーや俳優、音楽、撮影場所など、自然と夫婦の会話が増えますよ。

音楽鑑賞

音楽が聞くのが好きな人も多いですね。夫婦で同じジャンルの音楽が好きだったら、お家で音楽を流しながら過ごしたり、ライブや野外フェスに出かけるのも楽しいです。

音楽鑑賞の趣味はそこまでお金もかからないのもいいところ。また、夫婦で一緒にリラックスしたり、テンションが上げやすいので、二人の気持ちを合わせることができるのでがいいですね。

音楽を鑑賞するだけじゃなく、楽器を習い始めるなど、夫婦で楽しめることが増えそうです。

カラオケ

音楽が好きな人ならカラオケもいいかもしれません。

カラオケはストレス発散にもってこいなので、週末など夫婦の時間が合う時にカラオケに行って、日頃のストレスを一緒に発散しちゃいましょう。

カラオケはお店に行かなくても、家でもできます。家でできるなら、雨や台風など天候を気にしなくていいですし、コロナで外出自粛していてもできる趣味なのでおすすめです。

声を出して歌うというのは、音楽を聞くだけよりも気分が上がります。嫌な気分も吹っ飛んで、夫婦の距離ももっと縮みそうですね。

ゲーム

ゲームは男の人だけじゃなく、実は女の人も大好きです。週末は家でずっとゲームをしているという人も結構いるんですよ。

ゲームは一人でもできますが、誰かやるともっと楽しいものです。夫婦でゲーム好きなら、お互いに好きなジャンルのゲームを一緒にやるのもいいですね。

一緒に遊ぶと、ゲームの遊び方など夫や妻の知らなかった一面が見れることも。意外と用心深かったり、すごくチームワークを大事にする、実は妻のほうがゲームが上手だったなど、お互いをより深く知ることができる趣味とも言えますね。

スポーツ

テニス、バドミントン、卓球、サッカーなどスポーツはいろいろありますげ、一緒に汗を流すのはどのスポートですもやっぱり楽しいです。

夫婦で一緒にスポーツをするのは、夫婦の絆を深めるのはもちろん、定期的に体を動かして健康的なのもいいですね。若い時はバリバリやって、年を重ねるとゆったりとするなど、周りを気にせず自分たちのペースで体を動かせるのも夫婦で一緒にするメリットの一つ。

私の周りでは、バドミントンや卓球を夫婦一緒に楽しんでいる人たちが結構います。毎週末一緒に汗をかいて、その後のビールも楽しみになっているようです。

スポーツ観戦

自分はスポーツをしなくても、見るのは好きという人もいます。夫婦で好きなチームの応援をして盛り上がるのは楽しいですよね。

私の親も、よく野球やラグビーを一緒に観戦していました。球場や競技場に行って観ると選手たちの熱量が字がに伝わって、その場にいるだけでもテンションが上がります。また、スポーツ観戦はテレビでもできるので、ご飯を食べながらやお茶を飲みながら観て、夫婦で「あーだ、こーだ」言いながら楽しそうに観ていましたよ。

キャンプ

最近はキャンプを楽しむ人が増えていますよね。都会の喧騒から離れての森林浴は、気持ちをゆったりを落ち着かせてくれます。

山へ入って一緒にテントを張り、食事の準備などを一緒にするのも夫婦の共同作業。自然と会話が増えますね。

キャンプというとたいそうに感じますが、テントを張ってがっつり一泊するのだけがキャンプじゃありません。簡易のイスとテーブル、飲み物だけを持っていき、数時間だけ過ごして帰るのでもいいんです。

木々に囲まれて静かな中にいると、普段話しづらいことも不思議と話せるんですよね。

キャンプが楽しくなってきたら、一緒にキャンプグッズを会に行ったりと、夫婦の楽しみが増えそうです。

家庭菜園

若い頃は興味がなかったのに、結婚して何年かしたらだんだんと家庭菜園に挑戦したくなる人も結構います。

家庭菜園というと、土地を借りて野菜を育てるのを思い浮かべますが、ベランダの一角でプランターでミニトマトを育てるなど簡単にできるものもたくさんあるんです。

レタスやバジル、チリなどは初心者でも挑戦しやすいようですよ。「芽が出てきたね。」、「いつ食べられるかな?」など会話も弾みます。また、自分たちが育てた野菜を夕飯で食べるなど、夫婦で共有できる楽しみがたくさんありますね。

温泉めぐり

温泉って男女別なのに夫婦の趣味でいいの?と思うかもしれません。でも温泉に入ること自体は別々でも、「男湯には露天風呂が2つあった。」、「女風呂にはバラ風呂があったよ。」など、温泉に入った後にたくさん話すことがありますよ。

温泉は入ってリラックスできるだけでなく、温泉に行くまでの道中も夫婦で楽しめるのもいいですね。車でドライブのように行ったり、電車で駅弁を食べながら行くのもいいですね。

また、温泉は仕事をリタイヤした後でも楽しめるものなので、長く楽しめる夫婦の趣味になりますね。

ドライブ

車が好きな人は、どこに行くともなく車を走らせているだけで楽しいんですよね。

天気のいい日に、好きな音楽をかけて、景色を見ながら自分の世界を楽しむ。ただ走っているだけなのに、心がほぐれてきます。

夫婦でドライブを趣味にできたら、海へドライブ、ただ餃子を食べに隣の県へドライブ、ご当地グルメが食べられるサービスエリアを目指してドライブなど、毎週末が楽しくなりますね。

旅行

旅行も夫婦で楽しめる趣味の一つ。遠出でも近場でも、日常の世界から離れることができるので、夫婦でリラックスできておすすめです。

初めてのところに行くのもいいですし、前に行ってよかった場所へもう一度行くのもいいですね。

旅行は行く前の、計画を立てる時からワクワクできます。計画を立てる時から、旅行から帰って写真などを見返すまで、長期間で夫婦楽しめますね。

「神社の近くにおいしいお鍋のお店があるんだって。」と、行く場所の情報交換をするなど、夫婦の会話も増えますよ。

まとめ

  • 夫がスマホやゲームばかりで寂しい人がする対策
    • 夫のゲームに興味を持つ
    • スマホを触らない時間を作ってもらう
    • 夫婦で出かける時間を作る
  • 夫婦でできる趣味を持つとグッと会話が増える

夫がゲームやスマホばかり触っていると、どんどん会話がなくなってきます。

会話がない夫婦なんて寂しい!どうにかしたい!という人は、スマホを触らないことから始めてみては?

会話が増えてきて、夫婦共通の趣味までできたら、今までからは考えられないくらい会話が増えていますよ。

会話も増えて、夫婦の絆も深まりますね。

関連記事:夫が拗ねる、不機嫌でめんどくさい人必見!上手な対応法教えます

関連記事:コロナで急増!産後うつに夫の理解ない人がするべき3つの対策とは?

-

Copyright© 香港のんびり子育て , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.