旅行では知れない香港のローカル生活をお届けします

香港子育てブログ

買い物

香港で子供用品のお買い物ならココが安い!日本グッズ多数!

更新日:

海外で暮らしていると、現地の物でももちろん生活はできますが、やっぱり日本の物が欲しくなる時がありますよね。

私は以前オーストラリアに住んでいたことがあるのですが、日本の食材など扱っているお店も一応ありました。でも種類は少なく、値段は2、3倍してすごく不便だったのを覚えています。

海外で生活、特に子育てとなると、日本の物の方がやっぱり安心しますよね。私のように香港人の旦那さんやその家族がいればいろいろわからないことも聞けますが、誰も頼るところがなく自分たち家族だけで暮らしていればなおさらです。

日本に一時帰国した時に買ってくることもできますが、そうそう帰らないですし、お友達に頼むのも気を使います。

そこで、「香港で日本のベビー用品を手に入れたい」「種類豊富な中から子供の物を選びたい」という人へ、日本の子供用品を置いているお店をご紹介します。

日本のグッズがたくさんあって、しかも他のお店よりも安いので、私も息子が小さかった時によく利用したお店です。大きくなってきてもたまにお買い物に行くくらいお世話になっているんですよ。

香港で日本のベビー用品は手に入る?

香港はAEONやAPITAなどの日系スーパーがあるので、普通に日本の食材が買えてとっても便利で暮らしやすいです。それでもやっぱり手に入らないものもあって、特に赤ちゃんグッズは種類が少ないんですよね。

赤ちゃん用品のブランド「combi」や「Rechell」などは手に入るのですが、私は息子が好きなアンパンマンのグッズや赤ちゃん用のお菓子を探していました。

私は、オムツは産後日本で使っていた「moony」を使っていたんです。赤ちゃんの時って、オムツかぶれや漏れの心配がありますよね。そこで、使ってみて息子に合っていたのが「moony」だったんです。なので香港に帰ってきてからも同じ「moony」を使うつもりでした。

香港はパンパースは輸入盤としてどこのスーパーでも、ドラッグストアーでも薬局でも売っているのですが、「moony」となるとAEONで見かけたくらいでした。そして値段が高い!

そこで旦那さんに、「香港人なら見つかるかも。」と日本のベビー用品を扱っているところはないか調べてもらったんです。そして見つけました!

その後も何度もお世話になったお店をご紹介します。

観塘(クントン)Kwun Tongのお店に日本のグッズがたくさん!

香港の地下鉄MTRのみどりのラインに「観塘(クントン)Kwun Tong」という駅があります。そこに日本のmoonyを置いているお店がありました。

MTRってなに?という人はこちらを見てくださいね。

香港の地下鉄「MTR」

クントンには、ぶらぶら歩きながらいろんなお店を見て回るようなデパートタイプではなく、1つの建物に小さなお店がたくさん入っている雑居ビルがたくさんあります。

ビルは建物のスペースを貸しているだけなので、全てをまとめたウェブサイトもありません。外観からもどんなお店が入っているかわからないので、 各階それぞれのお店を覗いてみないと何のお店なのかわかりません。知らないと絶対見つけられないです。

そんな雑居ビルに私のおすすめのお店があります。

Kids Me Baby

キッズミーベイビーというお店で、歯固めやスタイなどのベビーグッズ、各メーカーのオムツ、歯ブラシやお弁当箱、水筒などの子供用品を扱っています。

「Kids Me Baby」

キッズミーベイビーのグッズはアンパンマンが多めです。でもアンパンマン以外にも「はらぺこあおむし」や「pinkfong(ピンキッズ)」などの外国のキャラクターもありますよ。

一面に掛けられたベビーグッズ

オムツは各種置いていて、moonyでAEONで見た価格よりも半額に近かった記憶があります。息子が小さかった頃は、抱っこ紐に息子を入れ、ベビーカーにオムツを何袋も乗せていつも帰っていました(笑)

「Kids Me Baby」

AllinOne

実は同じ雑居ビルの同じ階、先ほどの「Kids Me Baby」のとなりに「AllinOne」というお店もあります。

「AllinOne」

ここにもオムツはたくさん置いていますが、「Kids Me Baby」の方が安いです。

また、「Kids Me Baby」はグッズが多いですが、こちらの「AllinOne」は離乳食や、赤ちゃん用のお菓子、飲み物など食品が豊富です。

値下げされた離乳食

この間久しぶりに行った時は、店頭に賞味期限間近で値下げされた離乳食がありました。いつもあるわけではないと思いますが、タイミングが合えばかなり助かりますよね。

「Kids Me Baby」と「AllinOne」の行き方

2つのお店へは、MTR観塘(クントン)Kwun Tong駅から行きます。A出口を出て左へ曲がると「apm」というショッピングモールにつながっていて、apmを通り抜けていきます。

apmに入ってまっすぐ10秒ほど行くと「クリスチャン ディオール」があり、角を左に曲がります。

駅からapmに入って進んだら「クリスチャン ディオール」があります。

左に曲がると「CROCODILE CENTER」というビルにつながっています。

「CROCODILE CENTER」に入るとすぐに下へ降りるエスカレーターがあるので、降りて地上階の外に出ます。

正面に信号があるので渡って右へ100m(3ブロック)ほど行くと「Kids Me Baby」と「AllinOne」が入っている雑居ビルが左に見えます。

「Kids Me Baby」と「AllinOne」が入っているビル「駱駝漆大廈」の入り口

「駱駝漆大廈」はブロック1、ブロック2というように敷地内で建物が分かれています。敷地に入ってすぐ右にあるのが「Kids Me Baby」と「AllinOne」が入っているブロック3になります。

「駱駝漆大廈」のブロック3

エレベーターで3階へ上がり、降りて右の入り口を入れば目の前に「Kids Me Baby」と「AllinOne」があります。

ブロック3には「Kids Me Baby」と「AllinOne」の1つ下の2階にも日本の赤ちゃん用品を扱っているお店があります。先日行ってみたら閉まっていたのですが、閉店したわけではなさそうだったので、もし行かれた時はのぞいてみてくださいね。

左から「プール用オムツ」「0-3歳用歯ブラシ」「アンパンマンおうどん」

上の写真は先日購入した物です。

《プール用オムツ》
HUGGIES 3-4歳用 12枚入り
$68(約950円)

息子はオムツは外れているのですが、プールでも水着の下にパンツのようなものを履きたいらしく、またプール用のオムツを使っています。

《0-3歳用 歯ブラシ》
トミカ 3本入
$35(約500円)

その辺では見つからないのが0-3歳用の歯ブラシなんです。6歳用などはローカルのスーパーにもあるのですが、3歳の息子にはまだ歯ブラシのヘッドの部分が大きく磨きにくいんですよね。

今までは日本で買ってきたしまじろうのベイビー用を使っていましたが、もう歯ブラシの毛た開いてしまって、磨いても磨けてないんじゃないか心配になってきたので今回探しに来ました。

3本入りじゃなく1本でも売っていましたよ。また、0-3歳用はトミカだけでしたが、3-6歳用はコッシーや他のキャラクターもありました。

《アンパンマンおうどん》
4個入り
$20(約280円)

アンパンマンおうどんはねだられて買ったものです(笑)その他、お風呂に入れると中から何か出てくるバスボールや大型のアンパンマンのおもちゃもたくさんあり、「買ってー。今日だけ特別。」としつこい息子をかわすのが大変でした。

観塘(クントン)Kwun Tongにあるショッピングモール

クントンには駅直結で「apm」というショピングモールがあります。今回はお買い物の後、帰る前にフードコートで休憩してから帰りました。

apmのフードコート

このフードコートには「満記甜品」という香港のデザート屋さんが入っていて、久しぶりに「楊枝甘露」を食べました。「楊枝甘露」はマンゴーとサゴ(小さいタピオカのようなもの)、そしてはっさくをほぐしたものが入ったマンゴーソースの冷たいデザートです。

「楊枝甘露」

私これ大好きなんですよね。マンゴーとサゴがやわらかいのに対して、はっさくのサクサクがいいアクセントになってすっごいおいしいですよ。

夏にはこの冷たいデザートがサイコーです(笑)

まとめ

  • 香港でも日本の子供用品は手に入る
  • 観塘(クントン)Kwun Tongにある「Kids Me Baby」と「AllinOne」がおすすめ
  • 買い物した後の休憩はクントン駅直結のapmへ

ちょっと欲しいものって、日本へ一時帰国すれば手に入る物です。でも一時帰国の貴重な時間は、日用品を買うよりも、どこかへ遊びに行ったり誰かに会ったりしたいもの。

香港で手に入るなら、日本での時間を無駄にすることもありませんし、香港でほしい時に買えていいですよね。

紹介したお店は商品も多く値段も安いので、いろんな物をじっくり見れて楽しくお買い物ができますよ。

-買い物

Copyright© 香港子育てブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.