旅行では知れない香港のローカル生活をお届けします

香港子育てブログ

生活

40代女性の転職の現実は…正社員転職を成功させるカギ教えます!

更新日:

40代になると「このままでいいのかな…」と、先の人生を考える人も多いんじゃないでしょうか。契約社員から正社員に転職を希望する人や、今の会社を出て自分の本当にやりたいことをしたい人もいるかもしれません。

海外では転職が一般的で、香港などは転職することでキャリアアップをしていくのですが、日本だと40代の転職はなかなか厳しいものがあります。そこで、日本での40代女性の転職の現実と、正社員転職を成功させるカギを紹介します。

厳しいといっても全く不可能ではなく成功している人たちもいるので、ポイントをしっかり押さえて満足のいく転職活動をしていきましょう。

40代女性の転職の現実

今の仕事に不満があって転職を考えても、現実はかなり厳しいようです。40代女性が転職する際にぶち当たる壁とはどんなものなのでしょうか。

年齢制限で応募すらできない

求人の募集や採用時に年齢制限をつけることは法律上禁止されています。でも実は例外があるんです。例外とは「長期勤続によるキャリア形成を図る場合」で、この例外によって多くの求人に年齢制限がついています。応募すらできないので、いくら経験や資格があっても転職活動が難しくなるんです。

また、求人で「20代歓迎」や「30代が活躍中」などと書かれている場合は、求人では年齢制限がなくても、実際は会社が20代、30代をほしがっているということ。40代が応募してもなかなか選考が進まないことが多いです。

高いキャリアを求められる

40代を採用するというのは、中堅のポジションで即戦力となる人を求めているということ。なので、女性でも部下をまとめてリーダーとしてチームを引っ張っていた経験や、専門職での高い知識などが求められます。

そのため若い社員でも出来る一般事務などでは、40代女性の転職は難しい場合が多いです。

40代女性が正社員転職を成功させるには

40代女性の転職は厳しいとはいっても、転職を成功させている人たちもいます。正社員での転職を成功させるためのポイントを紹介します。

自分の強みを知る

自分が今まで仕事をしてきた中で、キャリアや実績、どんなことが得意かなど、次の会社に貢献できる点を考えてみましょう。また、問題をどう解決したか、その時に得たものなど、自分がどう成長したかもアピールできるポイントです。

40代女性でも、自分の強みと求人を出している会社の欲しい人材が合えば転職の道は開けるので、自分のことや今までの経験を掘り下げて考えてみましょう。

転職活動の窓口は出来る限り広く取る

転職活動するにはいくつか方法があります。

  • ネットで求人探し
  • 転職エージェントに登録する
  • ハローワークを利用する
  • 新聞の求人欄で探す
  • 友人、知人を頼る

大学生が新卒採用で就職活動するのと、40代女性が正社員の転職活動をするのとでは難しさが全く違います。また、大企業であればネットやエージェントに求人広告費を払って採用活動をしますが、小さな会社だと広告費は出したくないところが多いです。仕事を探す窓口は多い方がチャンスが多くなるので、出来る限り範囲を広げて転職活動をしましょう。

転職先がありそうか応募してみる

自分のスキルや経験で他に雇ってくれるところはあるのか、実際に求人サイトやエージェントで応募してみましょう。今の会社を辞める前にいくつか応募してみて、選考に進まなければ、それは今会社を辞めても転職先がないということかもしれません。辞めてからでは後悔するので、辞める前に動いてみましょう。

私の周りでも、「今の会社に不満はあるけど、転職するとなると待遇やお給料が半分くらいに下がる」「40代女性で正社員で転職するには、マネジメントなど高いスキルが必要」と知って転職するか悩んでいる人もいます。

写真や書類はプロの手を借りる

少しでも自分をうまくアピールするために、プロの手を借りられるところはかりましょう。履歴書に貼る写真もスピード写真ではなく、写真スタジオで取ってもらったり、志望動機や自己PRもエージェントの人に見てもらうなど、少しでも改善できるところはプロの手を借りてよくしていきましょう。まずは、40代女性でも書類を見て面接で会ってみたいと思ってもらうことが大事です。

自分の希望条件にこだわりすぎない

40代女性が転職を考える時は、職場環境やこれからの人生、また、思うようにいかない昇給などいろいろ不満があると思います。ですが、次の転職先での希望条件をあれやこれやと出しすぎると、40代という年齢に、さらにこだわった希望条件が加わるので転職の成功率はかなり下がってしまいます。

正社員で転職したい女性は次の会社でずっと働くつもりの人が多く、そのため希望する勤務条件をより深く考えてしまいがちですが、40代女性ですでに求人がかなり少ないことを念頭に置いて考えましょう。

新しいことにチャレンジする姿勢を見せる

求人を出す会社は、40代女性を採用することは「今まで働いてきた分、仕事へのこだわりや仕事のやり方が出来上がっていて、自分の会社に柔軟に変われるか心配」ということがあります。若くてまだ何にも染まっていない人を雇い、自分の会社で育てていきたいと思っている会社は多いです。

なので、今までの経験やスキルは活かしつつ、新しい会社で新しい分野にも前向きに挑戦し、会社に貢献するという姿勢を見せることが大切です。

新しい会社で1から学ぶ

40代となると、女性でも部下も付き役職もついているかもしれません。ですが新しい会社では新人です。いくら仕事ができても横柄な態度では誰もついてきてくれませんし、結局長くは働けません。

過去の実績にとらわれず、新しい会社で1から学ぶという謙虚な姿勢を示しましょう。

まとめ

  • 40代女性の正社員転職は、年齢やキャリアなどかなり厳しい現実がある
  • 40代女性の正社員転職を成功させるには、自分にしかない強みを考え、自分の市場価値を知ることが大事
  • 転職活動の幅は出来る限り幅広くし、エージェントなどプロの手を借りる

今の会社では周りから頼られる存在でも、一歩外に出れば「事務しかやったことのないただのおばさん」ということも。自分がアピール出来ることは何か、次の会社で活かせることは何なのかをしっかり考えて転職活動しましょう。

転職の厳しさを知って今の会社に残ることもできますが、いろんな理由で転職を強く希望する人もいますよね。40代女性でも正社員で転職できないわけではないので、厳しい現実は知りつつ、あきらめずにがんばって探してみましょう。

関連記事:40代女性が確実に短期間で痩せる方法とは!?お腹周りに効くサプリも紹介

-生活

Copyright© 香港子育てブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.