旅行では知れない香港のローカル生活をお届けします

香港子育てブログ

食べ物

食べないで帰れない!香港のベビーカステラとオススメのお店

更新日:

旅行に行ったら観光や買い物、そして食事も楽しみの1つですよね。その土地の有名な物や流行っている物を絶対食べて帰りたいところです。

香港には王道の飲茶以外にも、美味しい食べ物がたくさんあります!

その中の1つが「香港のベビーカステラ」。

香港のベビーカステラ…?とあまりピンと来てない方はすぐにチェック!

まだ食べたことのない人へ、香港人も大好きな「香港のベビーカステラ」とおすすめのお店をご紹介します。

香港のベビーカステラって?

香港のベビーカステラは、広東語で「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」と言います。

手軽に食べられる香港の昔ながらのスナックで、今でも老若男女の小腹を満たしているんですよ。

私のママ友も午後出かけていて見つけると、よく買うと言っていました。子供と一緒に食べるそうです。

ベビーカステラというと、日本の出店にあるコロコロとした小さな丸いホットケーキのようなものを思い浮かべますよね。

でも香港のベビーカステラ、鶏蛋仔(ガイダンジャイ)は、1つ1つ別々じゃなく繋がっているんです。

これがその 鶏蛋仔(ガイダンジャイ)

ポコポコと丸い形が繋がった全体の大きさは、男の人が手を広げたくらい。

繋がってくっついている一口サイズの小さい丸を、手でちぎりながら食べるんですが、この一口サイズがちょうどいいんです。

一口、もう一口と、ちぎりながら食べるのも楽しくて止まらなくなるんですよね。気付くといつもあっという間になくなっています笑

味は小麦粉と卵と砂糖の優しい味にほんのりココナッツが香り、外はサクサク、中はしっとりもちもち。

この優しい味といろんな食感がたまらなく美味しいんです。

焼いているお店の前は、優しいあま〜い香りが漂っていて、ついつい買っちゃいます。

1つ1つの小さい丸の中が空洞になっているのも、日本のベビーカステラとは違う鶏蛋仔(ガイダンジャイ)の特徴ですね。

鶏蛋仔(ガイダンジャイ) の断面

小さな丸を1つ割ってみると、写真の上が薄くカリカリに、下が厚めでもっちりしているのがわかります。

鶏蛋仔(ガイダンジャイ)はどこにあるの?

香港には繁華街のいろんな所に、スナックスタンドという、シュウマイやソーセージ、鶏蛋仔(ガイダンジャイ)などを売っている小さなお店があります。

香港の人は晩ご飯までの小腹が空いた時や、晩ご飯の後に軽くちょっと食べるのに利用するんですよ。

お店は午前中から夜まで開いているところが多いです。

でもいろんな所にあっても、食べるならやっぱり美味しいのを食べたいですよね。

そこで、いろいろある鶏蛋仔(ガイダンジャイ)のお店の中でも、おすすめの1店をご紹介します。

鶏蛋仔(ガイダンジャイ)ならこのお店!

お店の名前は 「利強記 北角雞蛋仔」 、香港島の北角にあります。

ほかのお店はパサパサしたものがあるのですが、こちらのお店の鶏蛋仔(ガイダンジャイ)は外はサクサク中はもっちもちなのが特徴です。

また、チョコレート味などいろんな味を出しているお店もありますが、ここのお店はプレーン味一本!

それでいていつも人が並んでいる人気店なので、出来立てが食べられるんです。

懐かしい優しい味に、出来立てホヤホヤがさらに幸せな気分にしてくれますよ。

北角の「利強記 北角雞蛋仔」へは、MTRがアクセスがよく便利です。

地下鉄MTRって何?という人はこちらをご覧くださいね。

香港の地下鉄「MTR」の乗り方

地下鉄MTRの北角駅 B3出口を出て右へ1ブロック歩きます。

交差点を右に曲がると、すぐ右手にお店があります。

B3出口を出て徒歩2分くらいです。

お店は道に面して注文と受け取り用の窓口があるだけで、隠れた名店といった感じです。

ですがお店の窓口の周りには、来店した芸能人の写真や取り上げられた雑誌、新聞の切り抜きなどがたっくさん貼られています。

またいつも人が並んでいる人気店なので、隠れた名店といってもすぐに見つかると思います。

私も近くに寄ったので、久しぶりに買ってみました。

私が行ったのは平日の14:30頃。やはり7人くらいが並んでいました。

1人で何個も買っていくお客さんもいるんですよ。実際私の前の人は1人で2個、後ろの人は3個注文していました。

今日は結局15分くらい待ってやっと買えましたが、いつも人が並んでいる人気店なので、もしも待たずに買えたら超ラッキーだと思います。

並んだ甲斐あって、サクサクもっちりで美味しかったです。

お腹が空いていれば1人で1つ、ご飯は食べたけどあとちょっと何か食べたいというような時は、2人で1つを分けるのをおすすめします。

値段は今日の時点で1つ$19(260円くらい)で、支払いはキャッシュのみになります。

注文の方法

鶏蛋仔(ガイダンジャイ) を焼くプレート。おばちゃんが1人で焼いてくれます。

かなりローカルなお店なので、どうやって注文すればいいのかドキドキしますよね。

でも大丈夫です。

私の後ろにいた人は外国の方だったのですが、窓口の目の前にある鶏蛋仔(ガイダンジャイ)を焼くプレートを指差しながら、手で3として「スリー」と言うだけで注文完了していました笑

お店のおばちゃんも忙しいので、簡単なやり取りの方が有り難いのかな、なんて思いました。

「利強記 北角雞蛋仔」 の情報はこちらをご確認くださいね。

利強記 北角雞蛋仔

ちなみにこのお店には分店があります。

  • 《香港島》灣仔(ワンチャイ)
  • 《九龍》尖沙咀(チムサーチョイ)
  • 《新界》寶琳(ポーラム)

利強記 北角雞蛋仔の分店

まとめ

  • 香港のベビーカステラは、「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」という今も人気のスナック
  • いろんなスナックスタンドで売られているが、おすすめは北角にある「利強記 北角雞蛋仔」
  • 注文は指差しでオッケー

香港のベビーカステラって何?という人も、鶏蛋仔(ガイダンジャイ)を食べたことがある人も、一度北角の「利強記 北角雞蛋仔」を食べてみてくださいね。

ほんのりやさしい甘みで幸せな気分になりますよ。

-食べ物

Copyright© 香港子育てブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.